食事でのダイエット (4) - ダイエット方法の豆知識

キャベツダイエット

キャベツダイエットというダイエット方法を知っていますか?

これはキャベツに含まれる,イソチオシアネートやビタミンUという成分によって抗癌効果や胃腸機能の回復効果,そしてキャベツの食物繊維によりダイエット中も満腹感を得られるというダイエット方法です。

具体的に,このダイエット方法はどのように実践するのかというと,毎食の食事の前に,生の状態のキャベツ6分の1個(約150g)を千切りやザク切りにして,サラダとして食べるダイエット方法です。

このキャベツを食べた後は,通常の食事を食べて構いませんが,食べる量は,ダイエットのキャベツと合わせて腹八分目くらいまでにしておきましょう。

このキャベツダイエットのダイエット成功のためには,キャベツにはノンオイルのドレッシングをかけて食べることが理想ですが,無理な場合はオイル入りドレッシングも少量であれば,構わないとされています。

報告によれば,このキャベツダイエットを3ケ月ほど続けるだけで4〜10キロ痩せたというダイエット成功者もいるようです。

また,生のキャベツを食べるダイエットだけではなく,キャベツにトマトやセロリやピーマン,たまねぎなどを加えたスープを作り,それを飲むというダイエット,「キャベツスープダイエット」なるものもあるようです。

ダイエットクッキー

ダイエット クッキーには、ポピュラーな大豆以外に玄米クッキーもいいものです。

あるダイエット クッキー の主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素(1袋18本/208キロカロリー)です。

1食分208kcalは高いと思われがちです。

が、そもそもダイエット は、栄養を取らなければ良いということではなく、栄養のバランスが取れた食品である事が、ダイエットに重要なのです。

栄養不足は、急激なリバウンドの元です。

だから、逆に、白いごはんばっかり食べるのと比べれば、低カロリーなのです。

カロリーが低くて栄養がないものだけ食べていても、ダイエットは成功しても健康を害します。

玄米には、良質のタンパク質の他にビタミンB群・ビタミンE・パントテン酸・必須脂肪酸・食物繊維などの栄養成分とカルシウム・鉄・リン・カリウム・ナトリウムなどのミネラル成分が総合的に含まれていて、全能食ともいわれています。

玄米は、炊きにくく、うまく炊けない事も多いのです。

その玄米を玄米ごはんよりも、消化がよく、どこでも食べられるよう、おいしいクッキーにしたのが,ダイエット用の玄米クッキーです。

チョコレートダイエット

カカオ含有率70%以上のチョコレートを食前に食べれば、満腹中枢を刺激させて、ダイエットになるそうです。

あくまでビターチョコレートですが、ダイエット効果が期待できる3要素があるのです。

1食前にチョコレートを摂れば、血糖値をすばやく上昇させ、上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲を抑える。

2カカオのタンニン、食物繊維は便秘予防の効果があり、宿便分の体重を減らすダイエット効果がある。

3カカオポリフェノールが甲状腺ホルモンを分泌させ、血流が上昇し、基礎代謝が高まり、消費カロリーが増え、ダイエットとなる。

うれしい事に、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、 ダイエット以外にも多様な効果があります。

それは、動脈硬化などの成人病を予防・ガンの予防・花粉症対策・ストレス対策に効果がある事です。

まさに、一石二兆です。

チョコレートダイエットのポイントは、1カカオ含有量70%以上のビターチョコレート。

ミルクチョコレートは、カロリーを取り過ぎ、逆効果。

21日50gを、3回に分けて食べる。

  板チョコ半分程度を朝昼晩と3回に分けて食べるといい。

3食事の20分位前の空腹時に少量をゆっくり食べる。というものです。

寒天で簡単ダイエット

低カロリーの寒天には、多くのダイエット効果があります。

まず、食物繊維の働きが、腸をきれいにして、宿便分の体重を減らすダイエット効果があります。

また、食前に摂ると、食事のに含まれる糖を確認し、包み込んで、そのまま小腸へとゆっくり進み、血液中に吸収されにくくさせます。

糖が吸収されにくくなることで、肝臓で糖を原料として脂肪へと変化させる割合も低下。

体脂肪が増えにくくなるダイエット効果もあるんです。

さらに食物繊維の為満腹感が、自然と食事量と全体のバランスをセーブ。

無理なくダイエットに導きます。

最近の研究では、寒天が吸収、包み込む物は、糖だけでないことが、わかってきました。

それは、胆汁酸。胆汁酸とは、肝臓内で、溜まったコレステロールを分解した時に作られる物です。

胆汁酸が寒天によって包まれ、体外に出ると、肝臓では胆汁酸不足を認識し、コレステロールを分解し、胆汁酸を新たに作るんです。

この繰り返しが進み、結果的にコレステロール量が低下し、ダイエットになるのです。

しかも、コレステロール量が減れば、メタボリックシンドロームも防げます。

ダイエットには粉寒天が使いやすく、アレンジ次第で何にでも入れる事ができます。

豆乳 クッキー ダイエット

食事の代替食品として、豆乳 クッキー を食べるだけの豆乳クッキーダイエットは、簡単で、決定打となり得ます。

忠実に実行すれば、体調もお肌もトラブルことなく、健康的に、体重にして4キロダウンします。

豆乳 クッキー 一食あたりのカロリーは低いです。たとえば、コンビニ弁当800kcal程度を、豆乳クッキーダイエット146kcalに替えるだけで、500kcalほどOFFになります。

それでいて、満腹感満たされ、ダイエット特有のストレスは溜まりません。

その満腹感のヒミツは、おから。

水を含むとカサが2倍、重さ3倍にまで増えてくれて、少量でも満腹感が得られるんです。

その上、食物繊維そのものなので、ダイエットに重要な、お通じが気持ちいいです。

ダイエットのお肌のトラブル、体調不良の悩みも、イソフラボンやレシチンが解消してくれます。

しかも、わずか146kcalなのに、通常の一食分に必要な栄養が、バランス良く含まれています。

なおレシチンには、脂肪ダウン効果もあります。

味は、ホテルのシェフが、チェックしました。

かつてあった、ブランのクッキーはカスカスで食べれたものではありませんでした。

でもこれなら、ダイエットを続けることができるんです。

シモン茶でダイエット

シモン茶のシモンとは、中南米原産のヒルガオ科の植物でサツマイモの一種です。


原住民インデュオの間では秘薬として珍重されていました。野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量 に含まれています。


繊維質が豊富なため、原産地では2千年以上も前から民間薬 として使われてきたようです。


腸内老廃物の除去などの効果があることでも知られています。


さて、シモン茶に使われているのはこのシモンの芋ではなく葉のほうです。


シモンの葉の特徴は驚異的な食物繊維の量です。


食物繊維が豊富といわれているきな粉が約17g、ひじきが約40gですが、それと比べて純シモン茶には約60gも含んでいます。


食物繊維が多いため、腸デトックスが可能なのです。


また、もの自体がお茶なので他のダイエット法との併用出来るでしょう。


そうすることで、より一層のダイエット効果が期待できるのではないでしょうか。


ただ、なかなかシモン茶自体が見つからない場合場あるでしょう。


やはりこういったものはスーパーマーケットなどよりインターネットで探したほうが比較的簡単に見つけられるようです。


機会があれば是非チャレンジしてみてはどうでしょうか??

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。


炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。


低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人向きのダイエット方法と言えます。


低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし、減量とその体重の維持が可能です。


他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。


炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。


一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。


低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。


炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。


なのでまずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。

スープダイエット

「スープダイエット」は「食べてヤセる」ダイエットして注目されています。


無理な食事制限が必要なダイエット法とは違い美味しく食べて、栄養もストレスも上手にコントロールできるのがスープダイエットです。


スープダイエットのメリットはいろいろありますが、ざっとあげると以下のの5点になります。


1.きちんと食べられる。
2.栄養バランスが優れている
3.ちゃんと味を楽しめる
4.満腹感を感じるやすい
5.ローカロリー。


また脂肪燃焼を促進する食材を活用することでさらに効果的にダイエットを進めることができるでしょう。


リバウンドの繰り返しにならない理想的なダイエットを実現する為には、日々の習慣が「太らない習慣」になっている事が必須です。


チョコレートやスナックなどの甘くて高カロリーなものを、間食・食後に食べる習慣のある人は、これを改善しない限りは、短期的なダイエットに成功したとしても、いずれかならずリバウンドしてしまいます。


ただ、この高カロリー食の間食の習慣を「スープ」に置き換えて、それを習慣化する事ができれば、これまでの悪循環を断ち切る事が出来るかもしれません。


もちろんですが、スープに置き換えても量が多ければ意味がなくなってしまいます。


奇麗に保つ努力は忘れてしまわないよう常に意識できるのが理想です。

りんごダイエット

りんごダイエットとは、
りんごだけを3日間食べ続けるというダイエット方法です。


以前に話題になりましたが
今では実践している人も少ないでしょう。


「単品ダイエット」といわれる、
一つの食品しか摂らないダイエット方法の代表格で、
医学的根拠はありません。


栄養不足による精神的肉体的苦痛が多く、
変調をきたす例が多く見られます。


リンゴだけという偏ったダイエットは肌荒れの原因、
タンパク質不足で脂肪燃焼が妨げられ・・

リバウンドする可能性も高く、
満腹中枢を刺激する物質の分泌にも悪影響を及ぼします。


断食ダイエットに近いになり、
長期間に及ぶと危険な状態になります。


ただし、リンゴ自体は非常に健康的な食品で
健康や栄養バランスを考えた上で・・

生活の中に取り入れて行くのはとても良いことで、
リンゴを活用することでダイエットや生活を
改善して行くことは可能でしょう。


リンゴには体の中に溜まった毒素を排出して
くれる作用があり、便秘などにも効果がある。


また、腎臓にもいいので血液が浄化され、
整腸作用もあって腸の中をキレイにしてくれます。


リンゴは生でも美味しいですが、

ジャムにしたり焼いたり、
またはすってヨーグルトに和えると言った
使い方も出来るでしょう。

見直されているトウガンのダイエット効果

淡泊な味わいで、
暑い季節の食卓にピッタリの食材のトウガン。


楕円形でラグビーボールのような形をしており、
種類や産地によって多少の違いがありますが、
育つと直径20〜30cm、長さ30〜50cmほどになる
たいへん大きな野菜です。


トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、
腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に
役立つことで知られています。


とくに利尿効果は野菜のなかで最もすぐれており、
高い痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に
記されています。


トウガンには肥満を予防するサポニンや、
糖の吸収を抑制して、抗ガン作用を持つと注目されている
トリテルペンなどの成分が含まれているとみられています。


これらについては、現在各所で研究が進められていますが、
トウガンが水太り以外の肥満やさまざまな症状に
効果を発揮するというのは、

これらの成分に由来する効果だと考えられます。


またトウガンは実だけでなく、皮や種にも薬効があります。


皆さんも水煮にしたトウガンを食生活に積極的にとり入れて、
ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。