食事でのダイエット (3) - ダイエット方法の豆知識

酢ダイエット2

どうも、こんにちは、昨日の記事は御覧いただけましたでしょうか?


今日も昨日の続きなのですが、お酢の話をもっと掘り下げていこうと思います。


まず、脂肪が燃焼されるまでのサイクルを説明します。


人の体には脂肪が燃えるまでに4つのステップがあります。
1 グルコース


2 グリコーゲン


3 脂肪酸


4 体脂肪


4の体脂肪までステップを踏んで初めて脂肪が燃焼してくれます。


この123があるから中々痩せにくいと皆さん悩んでいます。


一般的に運動を始めて20分してから脂肪が燃焼すると言われているのですが、この20分が長いですよね。


そこで、黒酢を飲むことで123のステップを一緒に踏むことができるのです。


時間の短縮といったところです。黒酢にはアルギニン、リジン、プロリン、アラニンというアミノ酸が多く含まれています。


このアミノ酸は脂肪を分解する脂肪分解酵素リパーゼが活性化させる効果があるのです。


123のステップを一緒に踏めるのは、このアミノ酸のおかげだと言われているんですよ。


「じゃ〜アミノ酸のサプリメントでいいや!」


という意見が聞こえてきそうなんですが、まあ、それでもかまわないです。


しかし、効率よく体内に入ってく害の無い黒酢の方が、より効果的に体内に入っていくのです。


毎食お酢を取ることは無いと思いますので、その時はサプリメントでもかまいません。


黒酢なら何でも良いと言うわけではありません。


出来る限り良質なものを撰ぶことです。安いものには、防腐剤や酸化防止剤など様々な食品添加物が入ってきます。


食品添加物には脂肪を燃えにくくしてしまう働きがありますから、出来る限り良質なものを撰ぶことが重要になります。


お酢の食べ方なんですが、毎日大さじ2杯程度を目安に取られてください。


酢の物や煮物の隠し味。


お酢と蜂蜜を混ぜてドリンク風に仕上げるのも良いです。


--------------------------------------
酢の物レシピ


きゅうりとわかめの酢の物4人前


きゅうり 3本
わかめ (もどして)100g


▼ 合わせ酢
 酢 大さじ3
 砂糖 大さじ2
 塩 小さじ1/3
 しょうゆ 小さじ1
 水 小さじ2


● 塩、しょうゆ


--------------------------------------
鶏肉のサッパリ煮


手羽先   5〜6本  
酢   25cc
しょう油   大さじ1
水   25cc
砂糖   大さじ1/2


--------------------------------------
黒酢と蜂蜜のドリンク


黒酢 小さじ4
レモン汁 小さじ2
はちみつ 大さじ1
冷水 3/4カップ(150ml)



この記事の筆者 村本エリカ。村本エリカ.comダイエットアドバイザー。彼女は脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを 開発した筆者で、なぜ脂肪が燃焼していくのかを解説されたレポートが無料で配布されています。299名の配布です。

>>  シークレットノウハウレポート

最後まで御覧いただき有難う御座いました。

酢ダイエット

今回は、おでダイエットを説明してきます。


お酢がなぜダイエットに効果的なのか?


それは、お酢を飲むことで基礎代謝があがり肝臓の働きが良くなるというものです。


他にも、労働をした後の乳酸を取ってくれる働きがあります。では、どうして基礎代謝があがるの?


まず、酢には種類があります。色に注目して下さい。


この色が黒いほどダイエットに効果的であるのです。それは、色が黒いほどアントシアニンという成分が多く含まれています。


つまり、このアントシアニンが血流量を増やす働きがあるのです。


血流量が増えればリンパの流れも良くなり脂肪が燃焼しやすい体になります。


試しに黒酢を飲んでいただければわかるのですが、体がなにやら温かくなることを実感できると思います。


そして、労働すると、疲れが溜まるのですがこの疲れの根源が、“乳酸”にあります。


この乳酸こそが、「つかれた〜」と感じる素です。このつかれた〜を取るためにも酢は劇的な効果があります。


先ほども言いましたが血流量があがることと関係しているのです。


やはり、血流量が上がれば、その分体に溜まっている余分なものを体外に出そうとします。そのとき、一緒に乳酸も出してくれるのです。


ちなみに乳酸はヨーグルトに入っている乳酸菌とは違います。


直接体内に溜まる乳酸と乳酸菌とでは根本的に違うのです。


乳酸菌は体内に入ることはありません。腸内まで到達するヨーグルトを食べると腸内でとどまり体内に入りはしません。


ところが疲れが溜まるという乳酸は体内で生み出され疲れに感じるのです。


ですから、ヨーグルトはドンドン食べてもかまいません。


話がそれましたが、お酢は血流量を増やし体内に溜まっている乳酸を取りますからスムーズにリンパの流れを良くし、脂肪を体外に出してくれる食品だといえます。



この記事の筆者は、村本エリカ。
村本エリカ.comダイエットアドバイザー。 彼女は脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを 開発した筆者で、なぜ脂肪が燃焼していくのかを解説された レポートが無料で配布されています。299名の配布です。

>> シークレットレポート

最後まで御覧いただき有難う御座いました。

にがり水ダイエット

にがりは、豆乳を固めて豆腐にする凝固剤として昔から使われており、にがりの材料は海水から作られています。


自然塩を作る工程は、海水を煮詰めていくことで、ドロドロした液体になります。


ドロドロした液体を冷やしたときに、沈殿したのが自然塩で上澄みに残っている液体をさらに煮詰めたものが「ニガリ」です。


ニガリの成分には


Na(ナトリウム)
V(パナジウム)
Mg(マグネシウム)
Mn(マンガン)
S(イオウ)
Ni(ニッケル)
K(カリウム)
Cu(銅)
P(リン)
Zn(亜鉛)
Fe(鉄)
Ge(ゲルマニウム)
I(ヨウ素)
Se(セレン)
Si(ケイ素)
Mo(モリブデン)
Li(リチウム)
Ba(バリウム)



18種類のミネラルが入っています。


ニガリには主にマグネシウムがたくさん入っており、マグネシウムがダイエットに効果的だと言われています。


ニガリのマグネシウムには、「カルシウムの吸収を促進させ、促進することで代謝が上がり、代謝が上がることで、体内に溜まった余分な水分や老廃物“脂肪”をスムーズに排泄する効果があります。」


ですから、ニガリはダイエットの効果的だと言われているのです。


ニガリの飲み方は、水1リットルに対して、スプーン1杯程度を入れて飲むのが効果的です。


ニガリをそのままの飲むのは胃の粘膜を傷つけたり、肝臓機能を低下させるので、必ず水で薄めて飲まれてください。


さらに、便秘の改善の効果もあります。


これは、ニガリに含まれるマグネシウムが便をやわらかくするからです。


また、肌もきれいになります。


体内に便が溜まっていると、老廃物を肌から排泄しようとしますから、肌荒れやにきびになってしまうのですが、便秘解消とともに肌も美しくなります。


にがり水を長期的に摂取することで、現代人に不足しがちなミネラル不足も改善されます。


ミネラルが足りている状態になれば、食欲を抑えたり増加させることが出来ます。


体内にミネラルが足りていなければ、足りない分を補給しようとして、よけいに食欲が増したりします。


また逆に食欲がなくなる方もいます。


しかし、ミネラルがバランスよく摂取していることで体内が徐々に正常になり本来の食欲で食事が出来るようになるのです。


今まで食べすぎで悩んでいた方や食べなさすぎで悩んでいた方も体内が正常になっていくのでニガリ水ダイエットは効果的だといえます。



この記事の筆者は、 村本エリカ。
村本エリカ.comダイエットアドバイザー。彼女は脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを開発した筆者で、なぜ脂肪が燃焼していくのかを解説されたレポートが無料で配布されています。299名の配布です。

>> シークレットノウハウレポート

最後まで御覧いただき有難う御座いました。

ビール酵母のダイエット

ビール酵母ダイエットは、空腹感が少なくてストレスもたまらないダイエット法です。


ビール酵母そのものには、直接ダイエットにつながる要素はありませんが、ビール酵母には、グルカン、マンナンといった多糖体によって構成されていて、これらが水分を吸収し膨張することで満腹感が得られるのです。


また、グルカン、マンナンには腸壁を刺激して腸内環境を整える働きもあり便秘の解消にもなります。


ビール酵母の主な成分はタンパク質ですが、ビタミンB群、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、銅、亜鉛、マンガン等のミネラルと体に必要な栄養素がほとんど含まれています。


ただし、ビタミンA、C、E、が不足しているので他の食品やサプリメントなどで補うとよいでしょう。


ビール酵母ダイエットは、1日1−2食をビール酵母入りのヨーグルトにすることで、カロリーを抑えて痩せるダイエット法です。


錠剤や粉末などになったビール酵母をヨーグルトに混ぜて食べれば満腹感が得られるので、何も食べないで空腹感と戦うダイエットとは違いストレスもたまりにくいと言われています。


粉末のビール酵母の場合はヨーグルト100gグラムに対して、大さじ1杯をよくかき混ぜて食べます。


ビール酵母には独特の臭いや味があるので、果肉入りのヨーグルトにするとかジャムを混ぜるとかレモン汁をかける等の工夫が必要です。


ビール酵母は、アルコールではないので、お酒が苦手な人でも安心してとることができます。


ただし、核酸を含んでいるので痛風のけがある人には不向きです。


最後まで御覧いただき有難う御座いました。

豆乳クッキーダイエット

豆乳クッキーのダイエット効果は主に、大豆タンパクとイソフラボンの働きが考えられます。


大豆は良質のタンパクを多く含んでおり、食べた脂肪を排出したり吸収を抑える働きがあります。


また、基礎代謝を維持するのも大豆タンパクの働きです。


食事制限をすると、エネルギーが不足します。


すると、私たちの体は少ないエネルギーでも生きれる、体質になってしまいます。


さらに、エネルギーが不足すると今度は体内の筋肉のタンパク質を分解してエネルギーのもとであるグリコーゲンをつくろうとします。


その結果として、たしかに体重は減りますが、同時にエネルギーを使う筋肉も減ってしまうので、今度は同じ量を食べても太りやすい体質になってしまうのです。


基礎代謝の高いエネルギーを燃焼しやすい体質にするためには大豆タンパクをしっかりとることが必要なのです。


いっぽうの、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで知られる物質です。


イソフラボンには食欲を抑制する効果があります。


このほかにも大豆にはサポニンという肥満防止に役立つ成分も含まれています。


最後まで御覧いただき有難う御座いました。

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトには,乳酸菌の効果による整腸作用があります。


乳酸菌が腸内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを改善することによって,便秘が解消され,いつもすっきりおなかになれます。


2005年,ヨーグルトを食べると体脂肪率や体重が減少するという報告が話題になりました。


一般的には乳製品を多くとると脂肪が増えるといわれていますが,ヨーグルトに含まれるカルシウムにダイエット効果があるということがわかったのです。


ヨーグルトは,乳酸菌ではっ酵する過程で牛乳中のたんぱく質が分解され,カルシウムが乳酸と結びつき乳酸カルシウムという消化吸収しやすい形になります。


また,カルシウムの摂取量が多いと,カルシウムと結合して便で排出される脂肪の量が多いということもわかっています。


ヨーグルトは1日500グラムとることが理想的で,カルシウムを600ミリグラム摂取することになります。


また,ヨーグルトを使った週末プチ断食という方法もあります。


土曜・日曜日の3食を100〜120グラムの食べきりサイズのプレーンヨーグルトだけにして,他にビタミン,ミネラルはサプリメントで補給して,水分を十分にとります。


この場合のポイントは,前日の金曜日と週明けの月曜日の食事を和食で軽めにとることです。


ダイエットで食べるヨーグルトは,低脂肪,低糖のプレーンタイプにします。


カルシウムを強化したものも市販されています。


また,トッピングを工夫することでヨーグルトがさらにパワーアップします。


例えば,マグネシウムを含むナッツなど,食物繊維を多く含むドライフルーツなど。


ヨーグルトは一気に食べると下痢をすることもあるので,腸が敏感な人はゆっくり食べるようにしましょう。


コーヒーダイエット


コーヒーダイエットとは,コーヒーに含まれるカフェインの効果を利用し,1日に5杯前後のコーヒーを飲んでやせるダイエット法です。



コーヒーに含まれるカフェインにはダイエット効果があり,1日に何杯もコーヒーを飲むこのダイエット法は,コーヒー好きにはうってつけでしょう。



コーヒーのカフェインが体内に取り込まれると,体内活動を目覚めさせるアドレナリンが分泌され,これが脂肪細胞に働きかけて分解を促し血中に脂肪酸として放出されていきます。



ただし,カフェインをとり過ぎると,不眠や興奮,動悸などの弊害もあるので,体調に注意しましょう。



コーヒーに含まれるカフェインの量は,生豆で重量の1.2%,炒り豆は1.3%,インスタントコーヒーは0.8%です。



そして,ペーパードリップでいれたレギュラーコーヒーで0.4%,インスタントコーヒーで0.01%です。



コーヒーが苦手な人は,日本茶,紅茶などでもかまいません。



玉露や紅茶には,コーヒーよりも多くのカフェインが含まれているからです。



コーヒーダイエットでは,「ブラックで飲む」ことが大事です。(缶コーヒーの場合も同様)



コーヒー自体はほぼ0カロリーですが,ミルク,砂糖が入ると,脂肪,糖分も体内に取り込んでしまいます。



砂糖は1グラムで4キロカロリーあり,コーヒー用のスティックシュガーは2〜8グラムなので,8〜32キロカロリーとなります。



つまり1日5杯の砂糖入りのコーヒーで,40〜160キロカロリーの糖分を取り込むことになります。



また,コーヒーは食前,運動前に飲むとより効果的で,食前の温かいコーヒーは満腹感が出てくるので食べすぎの予防にもなります。




発芽玄米ダイエット

発芽玄米ダイエットは、玄米より食べやすく脂肪を燃やしてくれるアミノ酸ギャバが豊富な発芽玄米を使ったダイエット法です。

発芽玄米は、玄米を水につけて、1mm程度発芽させたものです。

玄米は、発芽する過程で休んでいた酵素の働きが活発化し成長に必要な栄養素がフル回転することによって玄米の時よりも各種成分が増加します。

また、発芽すると外皮がちょうどよい具合に柔らかくなって玄米より格段に食べやすくなりほど良い歯ごたえによって心地よい食感が得られます。

発芽玄米が、注目されるもう一つの理由はギャバという成分が多く含まれていることです。

発芽玄米に含まれているギャバは、玄米の3〜5倍で白米の10倍にもなります。

ギャバは、アミノ酸の一種で正式名称はγ(ガンマ)-アミノ酪酸といい脳で生成され脳の緊張を緩和したりイライラを防止することが分かっていました。

最近、ギャバに体内の中性脂肪を燃焼する効果があることが認められダイエット食品として大人気です。

発芽玄米は、玄米・白米に比べてインスリンの分泌が少なくこれもダイエットに効果があります。

食物繊維も6倍で野菜不足を補うことができ、マグネシウム・カルシウムといったミネラル分も豊富に含んでいます。

発芽玄米は、イライラ防止など抑制性の神経伝達物質として機能し、ダイエット中の過度の食欲やストレスを抑えたりリバウンドを防止してくれます。

血圧の上昇を抑え腎臓や肝臓の機能を高めるといった効果も有ります。

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットとは,レシチン,サポニンなど健康に役立つ成分たっぷりのダイエット食品である,低カロリー,低脂肪,良質タンパクの豆乳を使ったダイエット法です。

豆乳ダイエットは,毎日豆乳を1杯飲んで,その分ご飯の量を減らすものです。

特に食前に飲むと満腹感があり,食事の量が抑えられて効果的です。

豆乳は豆腐を作る過程の産物で,主成分のタンパク質,脂質などの含有率が牛乳と酷似しているため,昔から体にいいとされてきました。

そして,大豆臭を除いた調製豆乳が発売されてからは,健康指向ドリンクの定番となりました。

豆乳の原料である大豆は「イソブラボン」という成分を含んでいます。

イソブラボンは,体内で女性ホルモンと似た働きをするため,老化防止,美肌効果などがあり,特に更年期障害を軽減するということで注目を浴びています。

また,豆乳には,女性にとって悩みの便秘を解消する働きもあります。 豆乳に含まれる「オリゴ糖」には水分を吸着しやすいという特長があり,腸内細菌がオリゴ糖を食べることによって水分が放出され,便が排出にほどよい水分量になるのです。

豆乳が健康にいいという理由に低力ロリーという点があり,牛乳の3分の2で,しかもタンパク質は牛乳より多く,脂質は少なく,コレステロールはゼロ(牛乳は100グラム中12ミリグラム)です。

そのほか悪玉コレステロールを退治するレシチン,体の酸化防止に効果的なサポニン,フィチン酸など,多くの健康に役立つ成分が含まれています。

チョコレートダイエット

ダイエットの基本原則として甘いものはダイエットには御法度という考え方が多いですが,最近「チョコレートダイエット」というダイエット方法が注目されているそうなのです。



このチョコレートダイエットというダイエットは,文字の通りチョコレートを食べてダイエットするという方法なのです。



楠田枝里子さんが「チョコレートダイエット」という著書を出していたりもするのです。



甘くて美味しいチョコレートを食べるだけでダイエットできるなんて夢のようなダイエット方法なのですが,もちろん,チョコレートだけを食べていれば良い訳でも,沢山食べて良い訳でも,どのようなチョコレートを食べても良い訳でもないのがチョコレートダイエットなのです。



何故チョコレートでダイエットができるのか,その理由はカカオマスに含まれている,ポリフェノールという成分が血液をサラサラにして,身体の代謝をアップしてくれる為です。



また,カカオバターに含まれるオレイン酸がコレステロールの減少し,カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分はリラックスさせる効果があるので,ダイエット中の食欲抑制に良い為です。



しかしチョコレートは高カロリーなので,質の良いチョコレートを決められた量だけ食べることが,チョコレートダイエット成功の秘けつです。



カカオ70%以上のチョコを食前や食後や空腹時にゆっくりと,一日50gまでの量を食べるのがチョコレートダイエットの方法です。




一日3食きちんと食事を摂ることも重要です。