食事でのダイエット - ダイエット方法の豆知識

ダイエットに向いているお茶って?

砂糖を入れていないお茶は、いずれも低カロリーでhabute-140.jpg
ダイエットに向いていますが、中でも茶葉が発酵していればいるほど、ポリフェノールが多くなります。

ポリフェノールによって脂肪分解酵素である
「リパーゼ」の活動が活発になるため、
ダイエットのために飲むなら、発酵期間の長いお茶がおすすめです。


紅茶もウーロン茶も緑茶も同じ葉っぱだった!


私たちが日常的によく口にするお茶は、
ほとんどが同じ茶葉から作られています。

ツバキ科の常緑樹である「カメリア・シネンシス」という葉で、
紅茶になるか緑茶になるか、はたまたウーロン茶になるかは
発酵の仕方や製造法によって決まるのです。

もっとも発酵が少ないのが、色からも分かるように緑茶です。

最初に加熱してしまうことで、酸化酵素の活性を
ストップさせています。

次がウーロン茶で、「半発酵茶」とも呼ばれます。
葉をつんだ後にしばらく置いて自然発酵させて作られています。

次が紅茶で、「発酵茶」に分類されます。
湿度の高い場所で発酵して作られます。

そしてもっとも発酵の進んだものが、プーアル茶などの
黒茶と呼ばれるものです。

緑茶と同じように加熱によって酸化酵素のはたらきを
ストップさせた後で、麹菌などによってじっくり
自然発酵させて作られ、「後発酵茶」と呼ばれています。

一般的に、発酵すればするほど茶葉は色濃くなります。


ダイエットに適したお茶

6409-130.jpg
発酵させたお茶ほど、脂肪分解作用が高いことから
ダイエットに最適です。

中でもプーアル茶はもっともダイエット向きといわれ、ウーロン茶ほど胃に刺激を与えないことからも、
ごくごく飲めるのがメリットといえます。

また発酵茶である紅茶もおすすめです。

特にショウガを入れた「しょうが紅茶」はダイエットに
非常に向いています。

紅茶の抗酸化作用や、脂肪吸収を抑える効果に加え、
ショウガの辛み成分であるジンゲロールには発汗作用や
利尿作用があることから、

ダイエットに最高の組み合わせといえるでしょう。

お好みで黒砂糖やハチミツを加えると、
さらに飲みやすくなります。

もちろんウーロン茶も発酵されていますので、
ポリフェノールが豊富に含まれ脂肪分解作用があり、
ダイエットに向いています。

プーアル茶やウーロン茶は、
脂っこい中華料理にまさにぴったりのお茶です。


話題の低炭水化物ダイエットって?


ダイエットにとって炭水化物は大敵という
イメージがあります。
8724.jpg
たしかに炭水化物を抜くと、
短期間で体重を減らせる人も多いようです。

しかし完全にゼロにしてしまうと、糖分が欠乏して
脳のはたらきが鈍くなったり、
甘いもののドカ食いにつながるリスクも。

最低限の炭水化物は食べるようにする
「低炭水化物ダイエット」がおすすめです。


■ 食べてもいい炭水化物とは!?

低炭水化物ダイエットはとても人気があり、
無理なく続けられると評判です。

1回の食事につき、食べていい炭水化物としては、
お米で100グラム(小さなおにぎり1個分)、
食パンで1切れ(6枚切り)とされています。

ご飯はやや固めに炊いたほうが噛みごたえもあり、
満腹感を得られやすいでしょう。

またパンには基本的に何もつけないことが大切です。

ご飯よりパンのほうが太りやすいといわれるのは、
マーガリンやバター、ジャムなどの
「塗るもの」のカロリーが大きいからなのです。

これらの炭水化物を、毎食かならず食べるのが
低炭水化物ダイエットです。

何の苦もなく続けられる人も多いのでは
ないでしょうか?

ただし、パスタやラーメンなどの麺類は
NGとなっています。

これらは具やスープのカロリーが高いためです。


■ 炭水化物抜きは危険!

もちろん炭水化物を減らすだけではなく、
砂糖たっぷりの菓子類やジュースなども
避ける必要があります。

菓子パンは、
同じパンでも高カロリーなためNGです。

またおかずも、野菜や大豆製品、海藻類などを
多めにし、動物性脂肪を減らすようにすると、
さらに効果が期待できるでしょう。

炭水化物に含まれるブドウ糖は、
脳が吸収できる唯一のエネルギー源です。

そのため、無理に炭水化物を抜く
ダイエットをしてしまうのは危険といえます。

また日本人はもともと、
肉食をメインにしてきた欧米人と異なり、

米と野菜を主食としてきた人種であることから、
腸も長めにできており、炭水化物抜きダイエットは
体質的にも向いていないようです。

無理なく量を減らすだけにとどめて、
体に必要な炭水化物はしっかりとりながら
ダイエットするのがコツといえるでしょう。

ダイエットに最適?低カロリーな食品


ダイエットといえば、カロリー計算に励む人も
多いと思います。

あまりがんじがらめに気にするのもストレスに
なってしまいますが、できるだけ低カロリーな
食材をとり入れるのは大切なことです。


ここでは、低カロリー食材として
上位にランクインしているものをご紹介します。



■ 低カロリーな飲み物とは?

普段、何げなく口にしている飲み物にも
カロリーはあります。

特に現代人は水を飲まなくなっており、
味のついたジュースばかりを飲んでしまう人も
多いのではないでしょうか?

基本は水がもっとも自然な飲み物ですが、
それ以外で低カロリーなものを挙げてみましょう。


まずはお茶類です。

緑茶や煎茶、紅茶、麦茶などは、100gあたり
わずか1〜5kcalとなっています。

発酵した茶葉を使ったもの、つまり色が濃い
お茶ほど脂肪分解作用があり、
ダイエットに最適です。

中でも0kcalなのがウーロン茶や
プーアル茶、玄米茶、番茶、ほうじ茶です。

特にウーロン茶やプーアル茶などの中国茶は、
代謝を上げ、脂肪の吸収も抑えてくれることから、
ダイエットの強い味方となってくれるでしょう。


その他、コーヒーもブラックならほぼ0kcalです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、
脂肪を燃焼させる効果があるため
実はダイエットに良いことが分かっています。

最近、その作用を生かした「痩せる缶コーヒー」
も登場したほどです。



■低カロリーな食品とは?

低カロリーかつ栄養のとれる食べ物が、
健康的なダイエットには必須です。

まず100gあたり15kcal以下の食材としては、
もやしやキュウリ、小松菜、白菜、スッキーニ、
青梗菜、レタスなどが挙げられます。


つまり野菜なら、ほとんど低カロリーと
考えて差し支えないでしょう。

ちなみにキャベツとレタスでは、
レタスのほうが低カロリーとなっています。


また野菜のほか、めかぶやワカメ、昆布、
海苔といった海藻類も低カロリーかつ
栄養の豊富な優秀食材です。

中でも「もずく」と、沖縄名産で有名な
「海ブドウ」は100gあたり4kcalと、
かなりの低カロリーを誇っています。

海藻類にはミネラルやビタミンのほか、
ヌルヌル成分であるフコイダンが含まれ、
美容と健康に非常に良い食べ物です。


その他、こんにゃくやところてんも、
もちろん低カロリー。

お肉類では、鶏のささみや胸肉、牛や豚なら
もも肉かヒレが比較的カロリーが低く、
ジンギスカンに使われるラム肉も脂肪分が
少ないことで知られています。


ダイエットレシピの基本!


ダイエットとは、もともと「食事療法」
という意味です。

痩せるためだけではなく、病気の改善のための
食事も含まれます。

何はなくとも食事に気をつけることが、
ダイエットの要といえるでしょう。



ダイエットレシピを考えるための基本を
ご紹介します。


■ タンパク質は不可欠と心得よう!

ダイエットというと、目の敵にされがちなのが
タンパク質です。

特にお肉などの動物性タンパク質は、
とらないほうがいいと思われがちですが、
タンパク質自体は非常に大切な栄養素なのです。


私たちの体の組成は、約6割が水分、
そして約2割がタンパク質です。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のように
つながって出来たもので、皮膚や髪の毛、
筋肉や臓器など、あらゆる器官を作っています。

さらに、生きるために欠かせない酵素も
タンパク質をもとに構成されているのです。


ダイエットのためには、よく
「基礎代謝を上げること」といわれますが、
それは筋肉量を増やすことでもあります。

タンパク質を摂取しないと筋肉量も減少し、
結果的に基礎代謝も下がってしまうのです。

体重1キロにつき、1グラムのタンパク質が
摂取の目安となります。


低カロリーで高タンパクな食材としては、
まず植物性タンパク質が挙げられます。

納豆や豆腐、枝豆などの大豆製品が代表的です。

動物性タンパク質の中にも、低カロリーなものは
ありますので、ぜひとり入れましょう。


牛や豚のもも肉やヒレ肉、鶏のささみや胸肉、
鴨や鹿、ラム肉のほか魚ではマグロや鮭、タラ、
貝類などが該当します。

これらのタンパク質をしっかり取ることが、
ダイエットには効果的です。



■ ダイエットレシピは和食が基本!

昔ながらの日本の食事は、まさにダイエットに
打ってつけといわれています。

その内容は「主食+一汁二菜」です。

ご飯に味噌汁、そして主菜と副菜がもっとも
バランスのとれたメニュー。

パンは腹持ちが悪いですし、マーガリンや
ジャムといった「つけるもの」のカロリーが高いため、
ダイエットには向いていません。


主菜は肉や魚、大豆製品を使った
タンパク質を中心にします。

副菜は、野菜や海藻類たっぷりのサラダや煮物、
おひたしなどがおすすめ。

お味噌汁も、季節の野菜や大豆製品を使って
具だくさんにしましょう。


一食分のカロリーは500kcalが理想的です。

こういった食事なら満腹感も得られますし、
太りにくいこと間違いなしです。



食べるほど痩せる!?毒出し脂肪燃焼スープって?


「食べれば食べるほど痩せられる」
毒出し脂肪燃焼スープ

そんなダイエッターには夢のようなダイエット法が、毒出し脂肪燃焼スープダイエットです。

毒出し脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る
6種類の野菜で作ったスープで、これらの野菜を、
鰹節・鶏ガラ・昆布の3種の出汁で煮て、
最後に天然塩とショウガを入れて味付けしたものです。


このスープを毎日続けて飲む事によって、
いつの間にか体は痩せやすい体質に
生まれ変わることができます。


なぜなら、

食物繊維がたっくさん詰まったこのスープには、

〈体に溜まった毒素を出し、腸をキレイにしてくれる〉

作用があるからです。

腸がキレイになれば、血液もキレイになり、
全身の細胞が活性化され、脂肪が燃焼されやすくなります。

しかも、食べれば食べるほど
体内の環境を整え、代謝をアップしてくれるので
いつの間にか体を痩せ体質へ導いてくれるワケです。

油も砂糖も使わないので、とってもヘルシーです。

では、毒出し脂肪燃焼スープのレシピを紹介します。


【簡単!毒出し脂肪燃焼スープの作り方】
〈材料(1人分/2杯分)〉
タマネギ 1個
セロリ  1/3個
キャベツ 1/4個
ニンジン 1/3本
ピーマン 半分
トマト  1個 又はホール缶1/3個


〈出汁〉
鰹節ひと握り 3g
鶏ガラスープの素 少々
昆布 2g
水  1L

〈味付け〉
生姜 1/2片
天然塩 少々
★作り方
野菜を食べやすい大きさに切り、
出汁と一緒に鍋に入れて20分煮込みます。

仕上げに塩で味を整え、
火から下ろした後にショウガをすり下ろして完成です!

この毒出し脂肪燃焼スープ、
たった1杯でもお腹いっぱい、体はポカポカになります。

しっかり出汁をとるので、味わい深く食べごたえ充分です。
毒出し脂肪燃焼スープ
食べ方は基本的に夕食を摂る前に1杯食べます。

低カロリーなのに満足感が高いので、
夕食は普段よりぐっと量が減ります。

夕食で摂るのが難しい日は朝食・昼食でもOKです。

一番大事なのは、毎日続けることです。

また、
ポン酢や柚子胡椒などで味付けをアレンジしたりして、
飽きない工夫をすると良いかも知れませんね。

食べれば食べるほど痩せる。

そんな魔法のスープでみるみるダイエットしましょう!


玄米でダイエットしてみよう!


冬...この時期、何を食べても美味しいので、
ついつい食べ過ぎてしまった!

sukiyaki.jpg
ということも多いのではないでしょうか?


ダイエットしなきゃ!と頭では先走るのですが、
なかなか体がついて行かないんですよね・・・

日々仕事や家事に追われていて、
運動している時間などない!という方も多いと思います。

そんな方には玄米ダイエットがオススメです!

玄米ダイエットとは、普段食べている白米を玄米に
変えるだけの簡単ダイエット法です。

いきなり完全に玄米に変えることが難しかったら、
白米を少し減らしてなるべく玄米というように、
少しずつ割合を調節しながら始めて行きましょう♪

玄米のダイエット効果を手っ取り早くいうと、
太りにくい体質に変わっていき、健康的に痩せる
ってことなんです!


「太りにくい体質に変わる」ってどういうこと?


その秘密は驚くべき玄米パワーにありました!

玄米には...
  • 腸内菌の活動を活発にし、消化器系を丈夫にする
  • 基礎代謝を上げ、冷え性・便秘を改善
  • タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、
    ミネラル、食物繊維など

ほぼ全ての栄養がバランス良く含まれている
  • 腹持ちがいいので食べ過ぎ防止になる

などなど体にとって良いことが沢山詰まっているのです!

玄米ダイエットをするにあたりひとつ注意点があります。

それは、玄米ごはんをよ〜く噛んで食べることです。

よく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激して、
少ない量でも満足できるようになってきます。

小食は健康のためにも重要なことですよね。

玄米で健康的にダイエットしてみませんか?

キャベツダイエットは健康にも美容にも嬉しい効果


あなたは綺麗になるために、『キャベツダイエット』が
あるのを聞いた事がありますか??
キャベツ
キャベツダイエットは、もともと肥満体だった
病院の医者が、自分の体重を減らすために始めたダイエットなんです。

この医者はたった半年で、30キロ近くも
ダイエットに成功したそうです!

すごいですね!!

あなたも、キャベツダイエットでスリムに
きれいに変身しませんか???

キャベツダイエットとは、
一体どんなダイエットなのでしょうか?


■ 春はキャベツが旬

春になってくると、“春キャベツ”が旬を迎えます。

春キャベツはとても甘く柔らかくて、
1年で1番キャベツが美味しくなりますよね^^

また、お値段も安くなります。

つまり、春がキャベツダイエットを始めるには、
最も適した季節なのです!

あなたも、美味しい春キャベツがある時期に、
キャベツダイエットで美しくなりましょう☆


■ 食事の前にキャベツを食べるだけ

キャベツダイエットは、3食の食事の前に
千切りのキャベツを食べるだけでいいのです。

特別に、調理する必要もありません。

面倒な調理が必要だと、億劫になって
ダイエットがはかどりませんよね××

どれくらいキャベツを食べればいいのかは、
あなたが早く結果を出したい場合には、
たくさん食べて下さい。

またゆっくりでいいから、確実に結果を
残したい場合には少ない量でもいいでしょう。

1日の中でも、急いで結果の欲しい方は、
3食千切りキャベツを食べましょう。

急がない方は、
1日のうち2食でも1食でもいいのです。

キャベツをたくさんいただけば、
その分だけ他のおかずを食べないので、
結果は早く出ます☆

しかし、あなたのお好みとダイエットの
ペースに合わせて、キャベツの量を
選んでくださいね^^


■ ドレッシングやマヨネーズには注意!

キャベツダイエットは、ただ千切りの
キャベツを食べればいいのですが、
その時には注意点があります。

それは、ドレッシングやマヨネーズを
使わないことです。

なぜならば、ドレッシングやマヨネーズには、
たっぷりの油が含まれています××

これはかなりの高カロリーなので、
使ってしまったらキャベツダイエットには
なりません××

千切りのキャベツをいただく時には、
塩かおしょうゆなどの油を使わない物をかけて
いただいて下さいね☆


■ キャベツは栄養たっぷり☆

キャベツはたっぷりの水分・食物繊維・ビタミンC
ミネラルなどの、あなたの健康と美容に嬉しい
栄養成分がたっぷり含まれています^^

しかも、千切りで生のままいただきますので、
ビタミンCも壊れずに食べる事ができます。

たっぷりの食物繊維は、お腹の中で膨らんで
満腹感も得られます。

ビタミンやミネラルは、あなたの体調を
整えてくれます。

また、お肌がきれいになる働きもあるのです。

キャベツダイエットは、ダイエットに
成功するだけではなくて、健康にも美容にも嬉しい
効果がたくさんつまっています☆★☆


朝バナナダイエット

朝バナナダイエット「知っているよ」って方も多いと思います。


朝バナナダイエットはテレビ番組で紹介されていっきにブレイクしたダイエット方法なのですが、朝バナナダイエットを知らない人のために朝バナナダイエットのやり方をここで紹介したいと思います。


朝バナナダイエットのやり方としてはとても簡単なのですが、朝にバナナと常温のお水を飲むだけでダイエットに成功するというものです。


朝バナナダイエットの方法はこれだけでとてもシンプルなダイエット方法になっています。


朝バナナダイエットが成功したという人はとても多いようですし、朝バナナダイエットはすぐに効果が出るといって口コミなどでもすぐに広まっていきました。


やはり朝バナナダイエットが一番広まったといえばおもいっきりいいテレビで朝バナナダイエットをみのもんたさんが紹介したことが一番だといわれています。


朝バナナダイエットがこれほどにも大勢の人に広まったのはやはり手軽に誰でもできるダイエット方法だからではないでしょうか。


朝バナナダイエットはとてもシンプルなダイエット方法ですが、朝ごはんにバナナ以外のものを食べてしまうと意味がないと思います。


それから朝バナナダイエットを失敗させないためにも、ゆっくりとよくかんで毎日継続して朝バナナダイエットを続けるということも朝バナナダイエットで失敗しないということではないでしょうか。


今までに朝バナナダイエットで多くの人が成功しているといわれていますが、中には朝バナナダイエットの口コミを見ると失敗した人もいるようです。


朝バナナダイエットはもちろん朝バナナを食べるだけのシンプルダイエットですが、他の時間帯の食生活にも注意するとか、間食を減らすなどしなければ朝バナナダイエットをしている意味がないです。


その点にも注意して朝バナナダイエットを成功させたいですね。



朝バナナダイエットの効果

以前、スーパーに買い物に行った時、バナナを買おうと思って果物売り場に行ったのですが、ない!ない!バナナがない!


わたしは、バナナが大好きで普段からよく食べるのですが、急にバナナが売り切れ状態になってしまい一寸困りましたね(−−;


マスコミの力ってすごいですねっ


さて、


朝バナナダイエットについては、単一食品でのダイエットは栄養バランス悪いとか、賛否両論があるようですがこんな意見の方もおられますので参考までに動画をアップしてみました。




関連記事:

話題の『朝バナナダイエット』とは!?

朝バナナダイエットのやり方


豆乳ダイエットとは?

豆乳ダイエットとは、低カロリー、低脂肪、良質タンパクの豆乳を使ったダイエット方法です。




豆乳ダイエットは、食事の前に豆乳を一杯飲むことで満腹感を感じて、その分、食事の量を減らせるのです。豆乳の原料である大豆は「イソブラボン」という成分を含んでいます。




イソブラボンは、体内では女性ホルモンと似た働きをするために美肌効果や老化防止などがあります。特に更年期障害を軽減するということで注目を浴びています。




また、豆乳には、女性にとって悩みの便秘を解消する働きもあります。




豆乳に含まれる「オリゴ糖」には水分を吸着しやすいという特長があり便が排出にほどよい水分量になるのですね。




豆乳が健康にいいという理由に低力ロリーという点があり、牛乳の3分の2で、しかもタンパク質は牛乳より多く、脂質は少なく、コレステロールはゼロ(牛乳は100グラム中12ミリグラム)です。




そのほか悪玉コレステロールを退治するレシチンや体の酸化防止に効果的なサポニン、フィチン酸などの多くの健康に役立つ成分が含まれています。




豆乳は大豆製品の中でも最も吸収率がよいといわれていますが、さらに高めるにはヨーグルトを加えるとよいでしょう。




バナナやイチゴなどの旬のフルーツと一緒にミキサーにかけたフルーツ豆乳は朝食にも最適ですよ。




豆乳は様々なタイプの製品が市販されていますので、選ぶときは豆乳あるいは調製豆乳と表示してあるもので、自分の好みに合った豆乳を見つけましょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。