メタボリックシンドローム対策 - ダイエット方法の豆知識

脱メタボのために?(続)


前回「朝型生活は夜型生活より太りにくい」ということについて書きました。




今回は目が覚めて最初に食べる朝食について解説していきます。




寝床から起き上がると新しい1日が始まります。




日中、学校や職場で充分な活動ができるようにエネルギー補給が必要です。




もちろん脂肪燃焼効果が高いものを食べましょう。




そこでお勧めしたいのが健康的な野菜たっぷりスープ!!




食物繊維やビタミン豊富なキャベツ、体を芯から温めてくれるショウガなどを入れたスープがお勧めです。




さらにぜひ実践していただきたいのが朝食前の軽いストレッチ運動です。




胃の中に何も入っていない状態で行うストレッチ運動は健康に効果抜群です。




ストレッチ運動と野菜たっぷりスープのコンビネーションはまさに鬼に金棒というべきもの。




この2つを欠かさず実践して、健康的な朝型生活を始めてみましょう。
きっと人生がより良いものになると思いますよ。




ダイエット野菜スープで健康ダイエット




この記事の筆者 村本エリカ。

彼女は食べても脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを 開発した筆者で、レポートが無料で配布されています。299名の配布です。

>> http://123direct.info/tracking/af/52372/XbGEUfvP/



脱メタボリックシンドロームのために?

これまで様々なダイエットを紹介してきました。見事ダイエットに成功した人もいると思います。ところがせっかくダイエットしたにも関わらず、すぐ元の体重に戻ってしまう人が多いのも事実です。

そんな人たちのために今回は太りにくい体質にするコツをご紹介しましょう。実はある大学の研究で、「夜型生活より朝方生活の方が同じ食事でも太りにくく、朝型はメタボリックシンドローム対策になる」ということが実証されています。

研究発表によると、早起きして早い時間に夕食を済ませるという「朝型生活」のほうが、エネルギー代謝の良い体になるそうです。つまり夜遅くまで起きて食べ物を摂取する生活を続けると、必然的に肥満体質になるというわけです。

朝は早く起き、夜は早く寝る。この基本的な日常が健康的な体質を生み出すのです。自分のぽっこりしたお腹が気になる人は、早寝早起きを心がけてみましょう。