背中痩せの方法 - ダイエット方法の豆知識

背中痩せの方法


年齢は背中に表れると言われます。
1472_.jpg
背中には【広背筋】や【僧帽筋】などの筋肉がありますが、これらの筋肉を引き締めることが背中痩せに効果的です。

たとえば、ぶら下がりや懸垂など。
ボートのオールを漕ぐことでも、背中の筋肉を引き締めます。

また、猫背は背中の脂肪をつきやすくするようなので、よい姿勢で暮らしましょう。


ではこれらの日常を踏まえた上で、『背中痩せ運動』
いくつかご紹介します♪


  1. 背中痩せ運動として、うつ伏せに寝て両腕を真横に開き、
    首を傾けずに顎をやや床から離します。

    次に、両腕を同時に真横にできる限り上げ、ゆっくり戻す運動。

    左右の肩甲骨を合わせるイメージで行ってください。

    回数は15〜20回。

  2. 腕立て伏せの要領で、両手両足を床につけ腰をアーチ状に曲げ、
    腕に重心をかけます。

    次にヒジを横に張りながら曲げ、肩に力を入れて元に戻す運動ですが、下を向いたままだと頭に血が昇りますので無理のない程度に行ってください。

    普通は、10回です。

背中痩せというのは、脇腹から背中のラインをすっきりさせることです。

ダンベル体操もおススメ。

ウエイトは2〜3キロのダンベルで十分ですが、筋肉質の方でこれ以上筋肉を付けたくない人はもっと軽めの方がいいでしょう。

ダンベルを使う、背中痩せの運動は、ゆっくりと動くのがコツです。
軽い場合は回数をこなすと効果はどんどんあがります。

その方法は、ダンベルを握った両腕を高く持ち上げ、その腕を上で交差させるのですが、胸を突き上げるようにするのがコツです。

これで姿勢も良くなります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。