ダイエットとカラーとの係り合いはいかに? - ダイエット方法の豆知識

ダイエットとカラーとの係り合いはいかに?


あなたはカラーセラピーという言葉を
聞いたことがありますか?
009717-140.jpg
何とかセラピーって流行のように色々ありますが、
カラーセラピーは昔からあるものです。

色彩でココロやカラダの癒しを行うってものなのです。

例えば、時代劇に出てくる殿様。病気になった殿様が
紫の鉢巻をしているのを見た事ないですか?

「時代劇あんまり見ないわ〜。」
そうですか。今度見る機会あれば見てくださいね。

実はあの紫にも意味があるのです。

紫はココロやカラダを癒し改善する色として、
そして炎症を抑える色として使われているから
紫の鉢巻を病気の殿様がしているのです。

ずうっと昔から色は意味合いを持って
使われて来たのが感じられますね。

なぜ突然色の話をするのか?って?

そうですよね。
色とダイエットどんな関係があるのでしょう?

今までのお話の中でも、勘のいい読者さんは
感じられたのではないでしょうか?

「そうか!色でココロやカラダを改善したり
 できるんだ!!」って。

そうなんです。

実際に赤を見るとどうですか?
ドキドキしたり温かく感じたりしませんか?

では、青を見るとどうですか?
ココロが鎮まったり、なんだかヒンヤリ寒く感じませんか?

これは、色で人がカラダに反応を起こすって事が
立証されているのです。

そうであれば、色を上手に活用するとダイエットの
成功に役立つって思いませんか?

ここで質問です。
あなたは、日常的に黒を身につけていませんか?
107.png
黒い色はカラダを疲れさせますよ。

なぜなら、光を吸収してしまってあなたのカラダに
光を届けてくれないからなのです。

太陽ってアンチエイジングの敵のように
言われていますが、太陽の光は私達の内臓や筋肉、
骨、ホルモン分泌に関わる大切な宝ものです。

その大切な宝のような太陽の光を遮断してしまう黒は
ほどほどの分量にした方が良いですよ。

例えば下着からアウターまで全部黒なんて言うのは
最も疲れやすくて、ダイエットに必要な代謝を
ダウンさせてしまいます。

そして「黒」は自己否定の色とも言われていて、
自分を認められず、でも現状を変えさせずカラダも
心も重くし、運動等を助けない色なんです。

では、逆にダイエットにいい色って何色なんでしょうか?

そうですよね。知りたいところですね。

もちろん色だけでホルモンの分泌が変わるとは
言いませんが、応援してくれる色ってありますよ。

その色達をあなたに紹介しますね。

まず、「赤」赤はあなたを励まし、元気にしてくれます。
燃焼モードを手伝ってくれる色です。

交感神経を刺激して前向きにやる気を出させてくれますよ。

そして「クリーム色」もオススメなんです。
白に黄色を、混ぜると出来る明るいクリーム色。

クリーム色には消化や排出を助ける働きがあると
言われています。

カラダに溜まった毒素はさっさと出して
いつもキレイなカラダでいたいですものね。

そんなあなたにはクリーム色をオススメします。

トイレのインテリアをクリーム色にするのも
いいのではないかしら?

あなたはどのように色をダイエットに取り入れますか?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。