ふとももに効果的なダイエット法 - ダイエット方法の豆知識

ふとももに効果的なダイエット法

多くの人が部分痩せしたいところといえば、
ふとももですね。

太ももには血管やリンパ管などの大切な組織が詰まっており、
それを守るために脂肪がつきやすいと考えられています。
4187.jpg
しかし守りすぎるのも問題ですので、
効果的に細くしていきましょう。


まずは、自分の太ももの脂肪のつき方を確認する
ことから始めます。

姿勢を正して、椅子に深く腰かけてみてください。

その時、太ももの脂肪がどうついているのかを
チェックしてみましょう。


■ 太ももの前のほうに脂肪がついている


膝の上にたっぷり脂肪がたるんでいる人は、
「大体四頭筋」という筋肉が弱まっていることが
考えられます。

この筋肉が弱いと、膝まわりに脂肪がつきやすいだけではなく
関節炎を起こしやすくなってしまいます。

若いうちはともかく、加齢とともに階段の上り下りの時などに
膝の痛みを抱えることにつながりますので、
しっかりきたえておきましょう。


エクササイズとしては、次のようなものが効果的です。

  1. 椅子に浅めに座り、太ももの間に本をはさみます。

  2. そのまま本が落ちないように、両足をまっすぐ伸ばします。

  3. 秒ほどキープ。これを5〜10回繰り返しましょう。


ひざ周りの筋肉が刺激されるのを感じるはずです。


■ 太ももの裏に脂肪がついている


椅子に深く腰掛けた時、太もものお肉がペチャッと
広がる人は、裏側に脂肪が多い証拠です。

ここは大体四頭筋という筋肉をきたえることで、
引き締めることができます。


  1. 両膝をしっかりつけて立ちます。

  2. 片方の脚をゆっくり後ろに折り曲げ、
    なるべくかかとがお尻につくまで曲げます。

  3. 秒間ストップ。これを5〜10回、両方おこないます。


ただし慣れないうちは、太ももの裏側がつりそうに
なることがあるため、
最初は様子を見ながらゆっくりとおこないましょう。


■ 太ももの脂肪が硬い


太ももは太いのに、椅子に深く腰掛けてもお肉が
横に流れない人は、
脂肪が硬くなってしまっている可能性があります。

このような場合は、お風呂上りなどにマッサージして
脂肪をほぐすことで、落ちやすくなるでしょう。

なかなかほぐれない場合は、セルライトがかなり
たまっているかもしれません。

エステなどで痩身マッサージを受けるのもおすすめです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。